メニュー

外壁塗装

塗装工事の役割とは?

どんなに綺麗な建物でも、美観を保つ為に塗装工事は重要となります。
中でも外壁部分は建物の美観をとても左右します。
年数の経っている場所や汚れが目立つと、たちまち美観を損ねてしまいます。 塗装工事は、美観を取り戻すのと同時にその状態を長持ちさせることが目的となります。

また塗装工事には、建物の防水性を確保するという目的もあります。
様々な建物に使われる外壁材や屋根材は、日に当たり、雨に当たり、風に当たり、排気ガスの汚れの付着などにより経年劣化していきます。
それを抑制し、建材が長持ちするようにコーティングするのが塗装工事の役割です。
建材の劣化は雨漏りや腐食により建材の張替えなどに繋がってしまうので、注意が必要です。

外壁コーティング

クリヤー塗装とは?

建築時に気に入って選ばれた外壁材が色あせたり、表面の塗膜が剥がれたり美観が損なわれてしまうと、非常に残念な気持ちになるかと思います。
そのような状況を防ぐため、 外壁をコーティングする必要があります。
クリヤー塗装は、意匠性のある外壁材で築10年以内くらいの建物が対象となります。
元のデザイン性や風合いを維持することができるクリア塗装は、最近人気が出てきている塗装方法です。
ただし、外壁によって向いている場合と不向きな場合があるため、注意が必要です。
クリヤー塗装は、意匠性のある外壁材で築10年以内くらいの建物が対象となります。
元のデザイン性や風合いを維持することができるクリア塗装は、最近人気が出てきている塗装方法です。
ただし、外壁によって向いている場合と不向きな場合があるため、注意が必要です。

屋根塗装

屋根塗装の重要性

屋根は外壁よりも過酷な環境にある為、劣化の症状もかなり違います。
建物の部位の中でも日差しや雨、風に影響を一番受けやすいと言われてます。
外壁と同じように、屋根も定期的な塗り替えメンテナンスが必須になります。
いつでも状態のよい塗膜を維持し、雨漏りをさせないことが大切になってきます。
外壁塗装を行うタイミングで、屋根塗装も行いましょう。
ただ屋根は地上からの確認が難しい箇所でもあります。
それゆえ劣化症状も見逃しやすく、場合によっては建材の劣化まで進行してしまっているケースも珍しくありません。
ご自身でチェックするにはあまりにも危険なので、点検はレオ・シールドにお任せください。
屋根の状態を適切に判断し、最適なご提案をいたします。

塗料の選び方

ライフサイクルコスト

外壁塗装を検討する際に、「耐久年数」と「費用対効果」を重視することが多くなってきました。
本来であれば美観を保つためも、10年程で塗り替え工事を行うのが理想です。
しかし実際には、塗り替えを検討する頃には10年以上経過していることも多いです。
そうした現状の中で、より耐久年数のある塗料で施工をお考えの方が増えてきてます。


塗料にも種類やグレードによって、費用が変わります。
しかし、値段だけで比べると実際のコストパフォーマンスを図ることはできません。
耐久年数が5年の塗料と、10年以上保つ塗料ではトータルのコストが変わってくるからです。
ライフサイクルコストを把握することで、そのようなトータルコストを月々の費用に置き換えて比べることができます。


またコストが高いから良い、安いから良いと言うものでもありません。
いくら耐久年数の長い塗料でも、粗悪な施工では性能を活かすことはできませんし、逆に耐久年数の低い塗料でも施工さえしっかりすればその塗料の性能を最大限引き出す事が可能です。
どんな塗料であっても施工する職人によって、塗装の仕上がりや耐久に差が生まれます。
したがって、適切な耐久年数の塗料と施工に対する姿勢が大事です。

良い物を長期に渡って継続するためのお約束

  • お客様の建物の美観を保つ
  • 開発された塗料の性能を最大限に活かす
  • 施工した職人が自信と誇りを持てる仕事

皆様とWIN WINな関係を築けるよう、この3つを大事にしています。

タイトルとURLをコピーしました